取扱注意!無職でも借りれる消費者金融を教えて!

主婦なら無職でもOKな理由

先日夫が入院してしまい治療費を急遽用意しなければならなくなりました。入院中の病院の費用はまだ支払いが先なので何とかなりそうなのですが、救急病院の支払いを親から借りたためこの分だけは返済したいのです。

小さな子供がいてまだ働きに出ていないのですがカードローンを作りたいのですが。可能でしょうか?

専業主婦の方でしたらカードローンを作れる可能性が高くなります。消費者金融では総量規制の関係性により難しいのですが、ネット銀行などが提供する収入証明書が不要なカードローンなら可能性としては高くなります。幾つかのポイントがありますので、チェックした上で申し込んでみてください。

 

専業主婦の場合は50万円までのところが多い
夫が安定した収入があることが条件
ネット銀行で探すと見つかりやすい

 

イオン銀行や楽天銀行などネット銀行としても大手の所だと専業主婦向けのカードローンを提供していることがあります。他にも同じようなサービスがある銀行もありますから探してみると良いでしょう。ただし銀行系のため審査に多少時間がかかるのが問題点です。時間がかかるといっても通常の銀行よりは審査はスムーズで、ネットのみで手続が完了でき小さな子供がいる主婦にも向いているのです。

消費者金融系はまず無理

現在病気のため仕事を休業中です。治療費がたまっていることと生活費が足りなくなりそうなためカードローンを作りたいのですが可能でしょうか?

仕事の目処は立っておらず、体調がよければ不定期に仕事ができる程度なのですが・・・できれば以前利用したことがある消費者金融で考えています。

はじめにお伝えしておきますが、消費者金融ではまず100%無職で融資は難しいでしょう。たとえあったとしてもそれはヤミ金です。法外な金利を請求され借金地獄にはまりますから絶対に避けて下さい。病気がちの方が生活費を借りたい場合幾つかの対処方法があります。

 

生活保護を申請してみる

市町村から借りられる公的な融資を利用する

医療費の支払いを免除してもらう方法を相談する

 

まずは生活保護の申請でしょう。病気がちで仕事ができないなら生活保護の対象者となりえる可能性が高いのです。生活保護は何らかの理由で働けない人を援助するものですから、病院の診断書で仕事が無理だとわかれば通りやすくなります。一度お近くの市町村役場で相談することをおすすめします。
次に市町村役場では生活に困っている人に対し低金利での融資を行なっていることがあります。次の仕事が決まる短い期間の生活費程度なら無職でも借りられる可能性はあるでしょう。
最後に医療費の支払いですが、無職なら高額療養費の適用で支払いがかなり楽になるはずです。

クレジットカードを作り融資を受ける

無職なのですが急遽お金を借りる必要がでてきました。親や友人など頼る人もいないためカードローンを作りたいと考えています。先日まで働いていたのですが現在は無職なので作れるか心配です。一人暮らしで周りに頼る人もいなく、ヤミ金にお願いするしかないのかなと思っています。
無職で作れるカードローンはありません。専業主婦の方で夫に安定した収入があるなら別ですが、一人身の方だと難しいでしょう。それでももしかしたら可能性として残る方法があります。それはクレジットカードを作りキャッシング機能を使う方法です。幾つかの注意点があるため詳しくチェックしてみて下さい。

 

完全無職だとクレジットカードは作れない
バイトでも良いので収入を作るべき
比較的楽天カードだとカードを作るための審査は優しいようです。

 

完全無職でクレジットカードを作ることはできないのですが、楽天カードだと無職でも作れたというネットの口コミもあります。これは審査が容易なのではなく機械的な審査でカードを発送するからのようです。ただし楽天カードは他社と比べて審査が容易かといったらそうではなく、事後に審査が行われ無職だとわかるとカードが使えない状況になります。
まずはアルバイトでも何でも良いので収入を作ることがクレジットカードを作成する最低限の条件となります。収入に応じたキャッシングが可能となるため、生活費程度の小額なら借りられる可能性はあります。

退職させられたのでカードローンを作りたい

先日会社側の勝手な理由で退職させられました。今は失業保険を受給中なのですが、急遽出費が発生しましてカードローンを考えています。失業保険は収入とは違うので難しいのでしょうか?
失業保険は収入とはみなされず、無職の取り扱いになります。そのため消費者金融のカードローンを新たに作るのは難しいでしょう。ただ現在企業側の問題により失業した理由から収入を得る方法はあります。次のような方法を検討されてみてはどうでしょうか?

 

職業訓練を受けて収入を受ける

失業保険受給中でもアルバイトは可

 

職業訓練は失業保険の対象者が受けられるものです。再就職のための受講が無料で受けられるほか、失業保険の受給や生活費の融資が受けられる場合があります。通常の失業保険の受給より期間が長くなるため検討してみるのも良いでしょう。ただし職業訓練は人気のコースも多いため必ず受けられるとは限らず、生活費の支援も審査があります。
次に失業保険の受給中でもアルバイトで不足分を稼ぐ方法も良いのではないでしょうか。受給中はアルバイトしてはならないとは何も書かれていません。ただし別に収入がある場合は申し出なければならず、嘘がバレると失業保険の資格がなくなるため注意してください。アルバイトで収入があればカードローンも作れるでしょう。

関連サイト